ヤフオクのバイク出品

ヤフオクにバイクを出品前に知っておくべき注意点とコツ

【当記事は2017年6月30日に更新されました】

 

 

ヤフオクで相場をみる

当サイトに訪れてくれたユーザーさんは、出品するしないは別として、ヤフオクでバイクを売却することについて多少の興味があるはずである。

 

もちろん売却先の選択肢のひとつとして考えた場合、アリかナシかと訊かれれば当然ながら小池はアリだと即答したい。やはり出品した車種と入札者の希望がピタリとハマった場合、予想外の高額落札になる可能性も秘めている。

 

だが一方で注意してもらいた点もいくつかある。

 

過去に何台もヤフオクで売却してきた小池の感覚では、「高くなるバイクとそうでないバイクがある」という部分を強く感じている。

 

高くなるバイクは2〜3行の簡単な説明文とシンプルな添付写真のみで高額落札される一方で、高くならない車種は、どんなに綺麗な写真を貼って丁寧な説明文を記載しても高額にはならない。つまり車種の時点である程度決まっているのである。

 

まずはヤフオク出品による売却を検討している場合、自分の車種がヤフオク内でどのように取引されているのか観察することがポイントといえるだろう。

 

そこで以下に愛車をヤフオクに出品するべきか…という判断のための手順をまとめておいたので参考にしてもらいたい。

 

Click→ヤフオク出品前に査定すべき高額な売却先とは?

まずは愛車と同車種の落札履歴をヤフオクでチェック

さて出品予定の愛車が、ヤフオク内でどのように取引されているのか…という部分を解説しておきたい。非常に簡単な方法なので誰でも5分あれば可能だろう。

 

まずはヤフオク内で愛車の相場を確認してもらいたい。

 

現在出品中の同じ車種はどのくらい出品されているのか?出品時のスタート価格は幾らくらいなのか?という情報を手に入れることができるはずだ。

 

さらに「開催中のオークション」→「過去の落札相場」と進めば、愛車と同じ車種が落札されたここ数カ月分の履歴も確認できると思う。この落札履歴はじっくりチェックしてもらいたい。

 

単純に落札金額を知る意味もあるが、落札された車両の状態をチェックすることで、「なぜこの金額で落札されたのか?」という理由を知ることもできる。

 

状態や走行距離、年式によって落札金額も様々なはずである。中でも自分の愛車に近い車両を見つけることでざっくりとした愛車の取引相場も知ることができるだろう。

 

もし、過去数カ月間の履歴だけでは落札履歴が不足している場合、ネット上には過去のオークション情報にアプローチできるサービスがある。その手のサービスを利用するのもひとつの方法かと思う(※オークファン等のサービス)

ヤフオクの落札相場の比較対象を考える

ヤフオクに出品

愛車と同車種の落札相場を確認し、納得できる落札額だっただろうか?

 

もし自分の希望金額を超えた落札相場だった場合、そのままヤフオク出品に流れこむのもひとつの選択肢といえる。具体的な出品時のポイントはこちらのページ、で詳しく解説しているので参考にしてもらいたい。

 

だが予想以下の落札相場だった…という場合は冷静になって他の売却先も検討してもらいたい。何もバイク売却においてヤフオクがもっとも高いというわけではないのである。車種によってはヤフオクがもっとも安いケースだってあるのだから…。

 

そこでヤフオクの落札相場の比較対象として利用したいのが無料の出張査定である。

 

もちろんレッドバロン等の中古バイク販売店まで愛車を走らせ持込査定に臨むのも悪くはない。だが売却予定のバイクの場合、往々にしてエンジンがかからない…とかタイヤがパンクしている…といった状態が多いものだ。

 

動かない状態という可能性を加味しても、あちらから無料で足を運んでくれる無料出張査定を利用しない手はない。おまけに中古バイク販売店の持込査定よりも買取に対して本気度も高いので査定額も信憑性が高いといえる。

 

参考までにヤフオクの落札相場レベルは期待できるであろうバイク買取店を以下にリンクしておく。この店舗は小池の毎度お世話になっている店舗ばかりである。どの店舗を選んでも変な査定額という心配は無いはずだ。

 

Click→ヤフオク出品前に査定すべき小池の認めた売却先一覧

ヤフオクの落札相場と出張査定の査定額を比較する

この部分まで読み進めている方であれば、愛車売却に相当な本気度のユーザーさんなのは間違いない。小池としては手を抜かずに徹底的に比較して高額で売り抜いてもらいたい。

 

ヤフオクでの落札相場、そしていくつかのバイク買取店の出張査定による査定額。この2つをゲットできたら徹底的に比較してもらいたい。どちらがどの程度高いのか比べてみよう。

 

ここで、例えばヤフオクの落札相場が全体的に5万ほど高かったとする。その場合はヤフオクに出品するべきなのか?

 

小池の考えとしては、答えはNOである。

 

というのも、ヤフオク出品には相当の手間と時間を要する。写真撮影から商品説明文、出品後にも質問に対応しつつ落札時の取引連絡、おまけに引き渡しや書類手続きの段取り、陸送ならば陸送の手配…。場合によっては取引完了後もバイクのクレームやキャンセルの可能性すらあるのだ。

 

こういった多大なる手間と時間がたったの5万の差額で埋まるものだろうか…。たったの5万でこの多くの手間やリスクを背負うのは割にあわないと思うのは小池だけでは無いはずだ。

落札履歴通りに高沸しない可能性もある

金銭的なトラブル

また大前提として落札履歴通りに売却できない可能性もある。たまたま過去の落札時には勢いのある入札者が2人以上存在しただけのパターンもある。オークファンの特性上、落札者が競い合わなければ高額になりえないのだ。冷静に判断された場合、思うような高額落札に発展しないことも忘れないでおきたい。

 

という事を踏まえて、数万円程度の違いであれば、すべての手続きを代行してくれ即金で支払ってくれる出張査定による売却を小池はお勧めしたい。

 

最悪、落札者が悪質な場合は支払いで揉めるケースもでてくる。そういった場合はもう金銭的な問題ではない。精神的なストレスはお金に換算などできない…と小池は考えている。

 

もちろん手間やリスクを承知で少しでも高額な売却先を…と求める方はヤフオクに出品してもらいたい。上述したような話はどちらかと言うとごく一部の話である。割合でいえばトラブルなく取引完了できるのが大部分なのでそれはそれで良い選択かと思う。

自分のバイク売却にもとめる部分を明確に!

愛車の売却に金額だけを求めるならば、リスクを承知でヤフオク出品を選べば良いだろうし、手間や時間、さらにトラブルのリスクを背負うのが嫌であればプロの出張査定を利用すれば良いだけのことである。

 

そもそも学生さんで時間を持て余してるオーナーさんと、仕事や家庭の用事で忙しい社会人の方ではバイク売却に求める部分も違うかと思う。

 

バイク売却に自分が求める部分を明確にして判断してもらいたい。

 

ただここ数年、ヤフオクに関してはプロが参入し始めたせいで、売却側としては高額になりにくい…と感じている一方で、バイク買取店の出張査定は競争が激化して査定額が上がってきたと感じる。

 

もっとも気になる金額的な部分の差が埋まってきている(場合によっては逆転している)事も充分に考慮して選んでおくべきだろう。

 

Click→ヤフオク出品前に査定すべき高額な売却先とは?