ヤフオクバイク出品トラブル

ヤフオクでバイク出品時のトラブルとは?

【当記事は2017年6月30日に更新されました】

 

 

ヤフオクトラブル

もちろんトラブルやクレームの原因は、出品側と落札側の双方に問題のあるケースもあれば、どちらか一方に原因のあるパターンもある。

 

個人売買がベースなのだから、ある程度は仕方の無いことかもしれない。

 

もちろん何度もバイクを出品された経験者であれば、迷わず出品してもらって構わない。きっとトラブルの対処法も分かっているはずなので、当サイトを軽く読み流してもらいたい。

 

しかしヤフオクでのバイク売却経験の浅い人は注意してほしい。思ったような金額で落札されないケースもあれば、こちらに不備も無い場合でもクレームやキャンセルの場合もある。出品するのは構わないが、最低限、そういったリスクだけは覚悟しておいてもらいたい。

 

とはいえクレームやキャンセルに関しては、どれだけ出品者が義務を果たしても一定の確率で起こるものである。これは仕方がない部分なので、可能であれば起こった場合の対処法をシミュレーションしておいてもらいたい。

 

一方、思ったような金額で落札されなかった場合は出品者に問題がある。事前に愛車の相場の下調べを怠って、それに応じて価格設定を行わなかったことが原因だといえる。

 

事前に愛車のリアルタイムの相場を知ることは出品前に必要不可欠なこと。もし手っ取り早く相場を知りたいければ、以下の小池が懇意にしている売却先を片っ端から査定してみるのがお勧めだ。

 

>>小池がヤフオク出品前に査定に利用する売却先とは?

ヤフオクのバイク出品におけるトラブルの原因

上述したようなヤフオク出品によるクレームやトラブル。

 

一見、避けようのないトラブルに見えるが、じつはその大部分が出品者側によって未然に防ぐことができたトラブル・・・という事も知っておいて欲しい。

 

具体的にいえば「バイクの状態の説明不足」や「破損部やダメージ部の写真の未掲載」「エンジンの状態の説明不足」が原因で落札者がクレームや返金を求めるパターンが一般的である。

 

まあ落札者としては、用意された写真や商品説明から判断して入札するしか術がないのだから、説明不足だったり破損部の写真がアップされていない場合は問題無いと判断するかと思う。

 

取引連絡のやり取りで解決できるケースであれば幸いだが、バイク売却の場合は金額もそれなりに高額である。多くの場合は返金や割引、キャンセル、中には裁判になるケースもあるようだ。

 

もちろん出品側の説明不足や写真に問題が無くとも、常識では考えられない神経質な落札者やクレーマーに落札される可能性もゼロではない。

 

落札者を選ぶことができないオークションの性質上、どんなに注意してもそのリスクはゼロにはならない・・・というのが小池が考えるヤフオクの現実である。

ヤフオクでバイク出品者多くはプロである

バイク買取店

以前にくらべヤフオクでのバイク売却相場が下落している原因だが、小池としては「プロの参入が増えた」ことだと睨んでいる。

 

以前は多少のプロも混じってはいたが、あくまで一般ユーザーが中心。そのために思わぬ高額落札に発展するケースも多く、出品者側としては非常に魅力的であった。

 

しかし現在のヤフオクのバイク売却カテゴリーはプロの参入が非常に目立つ。表向きは素人を装っているが、その履歴を確認すれば素人のレベルでないのは一目瞭然である。

 

プロからみれば、業者オークションから入手するよりも無駄な手数料が節約できる上、業者オークションでは出逢うことのない思わぬ出物がみつかるケースもある。素人に混じって参加する気持ちもわかる。

 

つまり現在のヤフオクのバイク売却カテゴリーは、プロと素人が同じ土俵で戦っている状態である。どんなに頑張ったところで素人がプロにかなうわけがない。小池としても勝てない勝負は最初からしない方が利口だと思う。

 

もしその事実を承知で出品するのであれば、事前にしっかりとプロレベルに愛車の相場や知識を身につけ、徹底的にプロに対抗する他、勝ち目はない。もちろん下準備として以下のような店舗で査定して平均相場を知っておくことも大事である。

 

>>ヤフオク出品前に査定すべき高額な売却先とは?