出品説明文 ここに注意

トラブル対策

【当記事は2017年6月30日に更新されました】

 

 

>>バイクを簡単に売りたい人はまずはこの4社で見積もりから♪

 

ヤフオクでバイクの取引後にトラブルにならないように説明文には以下のことを記載しておくことをおすすめします。

 

ヤフオクでバイクを売る場合、一番多いのがこの問題、現車確認できれば問題ないのですが遠方で落札後、陸送希望などの場合は必ず現車確認できない場合は落札後のクレームは受け付けないことを説明に明記してください。

 

もちろんこちらの説明と違うなんてクレームでしたら当然対応しなければいけませんが、多くの場合、思ったよりボロかった・・・少し走っていたら調子が悪くなった…なんてクレームが事実、多いんです。
こんなクレームは受けつけません、という意味です。

 

※さらにその趣旨を記載した用紙を用意して相手にサイン・捺印してもらっておくと、あとあとトラブルになりにくいでしょう。

 

 

相手を限定する

これはあまりにもバイクに無知な方の入札はご遠慮してもらうために記載しておいても良いでしょう。

事実、免許取り立ての未成年の方や、はじめて購入するバイクって方もヤフオクで落札されます。

 

基本的なバイクの知識がないと、当たり前のことを相談されたり、酷い場合、言いがかり的なこともいわれてしまうので、ある程度バイクに付いての知識があり、多少のメンテナンスもできる方のご入札お願いしますのように記載しておくとあとあとトラブルになりにくいでしょう。

 

 

 

状態については少し控え目な説明を

どうしても高く入札されたいって気持ちで程度も最高、エンジンも絶好調みたいに商品説明文で記載してしまう方って多いんです。

 

その結果、落札した方が説明と違う・・・みたいにクレームを招くことになっています。
ですから、少々控えめに、個人的には綺麗ですが小傷はちょこちょこあります…やエンジンも自分が乗っている期間は一度もエンジントラブルはありませんでした、ですが走行距離を考えて、定期的にメンテナンスも必要です…などの記載をしておくとよいかもしれませんね。

 

また入札予定の方も良いことばかり記載している出品者は怪しい気がして逆に不安になることもありますので、ご自分のバイクをやや控えめに説明することがトラブル無くヤフオクでバイクを売るコツでしょう。

 

こちらに出品について詳しく解説しています→ヤフオク出品の注意点

 

>>バイクを簡単に売りたい人はまずはこの4社で見積もりから♪