ヤフオク 出品時 注意

ヤフオク出品ならこれだけは注意!

【当記事は2017年6月30日に更新されました】

 

 

>>バイクを簡単に売りたい人はまずはこの4社で見積もりから♪

 

もし、バイク買取業者での査定額も満足いかず、ヤフオクで出品する!となった場合、以下のことには気をつけて出品しましょう。

 

ヤフオクでの説明・写真の他にも詳細を

可能ならば現車確認を条件に、もし遠方の場合で現車確認が不可の場合は、程度・傷のわかる詳細の写真が用意して相手が希望すれば相手に確認してもらう。

 

一般的に出品者は出品時に3枚程度のバイクの写真を添付しますが、正直、走行距離や年式、3枚程度の写真ではバイクの全体のイメージ程度しか伝わりません。

 

中古バイクですの傷や全体的なヤレ具合を伝えるためには各方向からのズームした写真が何枚か必要でしょう。

 

入札側の相手も「入札予定の方で希望者には詳細写真を送付します」と記載することによって、状態が不安で迷っている入札者も安心して入札でき、こちらの信頼度も上がり、経験として結果的に最終価格が上がります。

 

※今でしたら動画なども簡単に撮影し相手に送付できますのでエンジン始動させエンジン音・ふけ具合なども撮影し確認してもらえば、相手も安心して入札できることでしょうね。

 

さらに詳しい出品説明について→出品説明の注意点

 

出品時は遠方で現車確認できない方をメインターゲットに!

僕が何台もバイクを出品した結果、落札者さんはかなりの確率で遠方の方が多いです。

なによりヤフオクの一番の強い部分は日本中の相手に販売できるということ
ですから、少々面倒でも遠方の方が安心して入札できるような写真・説明をすることが高額で落札される秘訣と言えます。

 

逆によく出品者の説明でみられる「取りに来れる方限定・・・」という出品者のバイクは残念ながら近場の入札者限定ってことですので入札が伸びないのがヤフオクの現実です。

 

出品の準備をする際は遠方の方の気持ちになって、安心して入札できるような詳細写真・質問やメールでのやりとりを心がけましょう。

 

※落札後の陸送や名義変更などについて事前に調べておくと、落札者も不安なく入札でき、結果落札価格も伸びやすいとおもいます。

 

 

>>バイクを簡単に売りたい人はまずはこの4社で見積もりから♪